【ローズサプリ効果】薔薇成分によるの口臭・体臭の働きを説明します

ローズサプリ 効果

ローズサプリ、使用者の感想は「飲むと薔薇の香りがふわっと香っていい感じ」という評判で上々です。飲んで30分で効果が得られるので実感しやすいのも評価がいい理由でしょう。

気になるのは「なんでローズサプリってそんなに効果があるの?」ということではないでしょうか。人によっては「危険ではないのか」と思うかもしれません。

結論から言うと薔薇の成分である「ゲラニオール」血液中に乗り、吸気や汗から香り成分が分泌され薔薇の香りを放つのがローズサプリの効果です。ニンニクを食べた翌日やアルコールを飲んだ翌日は体臭が臭いという真逆の方法といってよいでしょう。

こちらのページではなぜローズサプリが口臭や体臭に効果があるのかについて化学的な論文を用いて解説します。また、薔薇の成分から得られる健康効果や、補助的に含まれる成分による効果についても解説します。

ローズサプリ1年使用した効果は薔薇の香りに包まれる夕方もいい香り

クリスタルローズを1年間使用した結果、自分ではほんのり薔薇の香りがするなぁくらいの体感といってよいでしょうか。

購入してはじめのうちは30分もすると体感的に薔薇の香りがします。これには驚きました。香水のようなパウダーっぽいおばちゃん臭い薔薇の香りではなく、花びらの香りを嗅いだようなフレッシュさと自分の体臭が混ざったような匂いです。

1ヶ月くらい使用を続けていると周囲の人から「なんかいい匂いだね」と言われるようになります。

継続してローズサプリを使用すると常時薔薇の成分を摂取していることになるので、口臭や体臭が薔薇の香りになりやすいのでしょう。薔薇の香りは3日くらいすると慣れてしまって自分では自覚できなくなります。

3ヶ月くらいローズサプリを継続すると、夕方位からツンと臭う自分の体臭がほとんど感じられなくなりました。お風呂上がりの自分の下着を嗅いでみると自分でも自覚できるほど薔薇の香りがほんのりします。

ローズサプリを継続して良かったのが、なんとなく第一印象が良いイメージが得られているようで、初見の人の態度がやんわりとなっています。これもクリスタルローズの薔薇の香りのおかげでしょうか。

その後他のローズサプリに変えてみたところ、薔薇の香りが落ちたこともあり買い直し、1年継続して口臭や体臭のコンプレックスはなくなりました。

関連記事:ローズサプリお買い得激安購入方法

ローズサプリバラの匂いの効果は美容・健康・ダイエットにも効果あり

ローズサプリの主成分である薔薇の香りの効果について紹介します。

薔薇の歴史は古く、歴史上三大美女と言われたクレオパトラが愛した花とも言われています。

薔薇の成分は化学的にもリラックス効果、美肌効果、老化防止、ホルモンバランスを整える、幸福感を高める、胃腸の働きを良くするという健康効果をもたらしてくれます。

この健康効果やリラックス効果に注目し、薔薇をの成分を応用した製品も数多く販売。

香水や、アロマオイル、ボディーソープなど、ローズサプリはその製品の一つといってよいでしょう。

香りの効果に関しては、高砂香料工業(株)研究開発本部分析技術研究所の発表にも香りの効果には、睡眠改善、痩身効果、疲労軽減、作業効率の向上など研究結果で発表されています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/21/3/21_3_179/_pdf

ローズサプリとは薔薇の成分であるゲラニオールをベースにしたサプリメント

ローズサプリはフリスクやミンティアといった強力な香りで匂いを放つ製品とは違い、身体に一度吸収させてから香りを全身に放つサプリメントです。

ニンニクを食べた翌日は身体全体がニンニク臭がする経験をされたことは一度はあると思います。

いくら歯磨きを徹底的にしてもニオイが取れないというのはこれが理由。

これはニンニクの主成分である「アリシン」という成分が血液に乗り身体全体、汗や呼吸から成分が分泌されるのが原因。

同じ性質を持つ薔薇の主成分「ゲラニオール」も血液に乗り身体全体、汗や呼吸から成分が分泌されるのです。

クリスタルローズはこの性質を利用した方法によって薔薇の香りを吐息や体臭に漂わせることができるのです。

薔薇の成分には、ゲラニールの他にフェニルアルコール、シトロネロール、ジメトキシメチルベンゼンなどが含まれており、各種効果について解説します。

薔薇は食用にも利用される安全な食品

吐息や体臭が薔薇の香りになるというと「なにやら危険なものなのでは」と感じるかもしれません。

しかし薔薇は昔から食用にも用いられておりエディブルフラワーとも言われています。

エディブルフラワーとは植物の花を食材として用いること、また、食用に供せられる花で、食用花とも言われことがあります。

https://item.rakuten.co.jp/magimaguu/4582174390430/

日本でいえば菊の花、桜の花、馴染みが深いものであればブロッコリーやカリフラワーが該当されるでしょう。

薔薇の用途は日本ではあまり馴染みがありませんが、薔薇生産トップを誇るブルガリアでは薔薇のシロップやジャム、マカロン、ケーキ、ゼリー、リキュール、キャンディー、ターキッシュディライトなどにも用いられているのです。

日本でも新しい農産品として注目されており、食用として育てているメイン品種は、「イブピアッチェ」と「センティッドジュエル」が長野県で生産。

薄いピンクの花びらはサラダに添えるだけでも華やかになり、インスタ栄えする、活性酸素を抑える各種ポリフェノールやリコピンが含まれており美容や健康にも良いと近年注目されています。

ゲラニオールの効果

クリスタルローズに配合されているローズオイルの主成分ゲラニオールは、C10H18Oの分子式を持つ、モノテルペンアルコール類に分類されます。

ゲラニオールを身体に取り込むことによって血液から全身をめぐり、汗腺や呼吸を通じて排出する際薔薇の香りを放つのがクリスタルローズや他のローズサプリの目的。

その他ゲラニオールはこのような効果が期待できます。

  • 抗菌
  • 抗真菌
  • 防虫作用
  • 酸化防止作用
  • 抗がん作用
  • 抗炎症作用
  • 収れん作用
  • 抗うつ作用

天然の殺虫剤、天然の抗菌剤、天然の美容液など近年でガン予防にも効果があるとされ、さらなる研究を行っているみたいですね。

古来から薔薇は神聖はものとして捉えられていたのもこのような効果があるからなのでしょう。

ゲラニオールの詳しい効果の論文についてはこちらにまとめています。(英語)

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0254629910001559

フェニルアルコールの効果

フェネチルアルコールとは、芳香族アルコールの一種。2-フェニルエタノールや2-フェニルエチルアルコール、β-フェニルエチルアルコールとも呼ばれ、天然のバラに多く含まれ、香料、保存剤などに用いられています。

天然に存在する成分で、バラ、カーネーション、ヒヤシンス、アレッポマツ、イランイラン、ゼラニウム、ネロリ、キンコウボクに多く含まれています。

醗酵したお酒である日本酒やビール、ワインなどの清々しい香気がするのもフェニルアルコールが含まれていることが理由。

フェニルアルコールの香りには抗うつ効果があると川崎医療福祉大学医療技術学部の上野浩司講師(臨床検査学科)らの研究グループによって突き止められています。

ネロールの効果

ネロールとはレモングラスやホップから採れる精油などに含まれるモノテルペンの一種。ネロリ油から単離されたことから「ネロール」と呼ばれます。甘い香りがするのが特徴で爽やかさ、新鮮さを感じる香気が特徴となっています。

  • 肌にうるおいを与える
  • 高い保湿力
  • シミやそばかすを予防する
  • 感神経の緊張を緩め、副交感神経を優位
  • ホルモンバランスを整える
  • 副腎皮質ステロイドの分泌を抑制

ゲラニオールとネロールのシナジー効果によって鎮静効果、リラックス効果を期待できるのです。

シトロネロールの効果


C10H20Oの分子式を持つ、モノテルペンアルコール類です。

ローズオットー、ゼラニウム、ローズ、シトロネラ、ユーカリ・シトリオドラに多く含まれています。

効果としては

  • 昆虫忌避作用
  • 抗菌作用
  • 鎮静作用
  • 消化器の健康を促進
  • 体臭改善
  • 免疫システム機能を高める

主な用途は香料や香辛料

ジメトキシメチルベンゼンの効果

甘いクリーム様の香気を持つのが特徴、オーデコロンの用調合香料の保留剤として用いられるほか、ナッツ系・バニラ系のフレーバーにも用いられる。

ティーローズエレメントとも言われており資生堂の研究チームが発見し命名されました。

鎮静効果が非常に高く、ラベンダー精油やベルガモット精油よりも高いリラックス効果があります。その効果は4~5倍も鎮静効果。

森林浴と同様の鎮静効果があり、自律神経の高ぶりを抑え、安眠、不安の解消など現代人のストレスにも高い効果が期待できます。

血中のストレス値が低下することもわかっており、うつ病、高血圧対策、高血糖上昇の対策にも効果が期待できます。

学習記憶を固定化や皮膚のバリア機能への影響にも効果があるとされています。

http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents.php?i=69

ローズサプリ効果口臭はメチルカプタンに作用する

ローズサプリのローズオイルは口臭の原因の成分の一つである「メチルカプタン」に対して高い消臭効果を発揮します。

メチルカプタンとは、腐ったタマネギのにおいがする無色の気体 口臭や屁の悪臭の成分。

ニオイの特徴として野菜の腐敗臭、魚の血生臭、トイレの臭いなど、一般的な嫌な口臭のニオイの一つといってよいでしょう。

メチルカプタンは辛味成分。口臭の原因になるイオウ化合物でもあります。

メチルカプタンは主に歯周病やむし歯などの病巣や、歯垢(歯の周りに付く細菌の固まり)、歯石、舌苔(舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり)などからガスが発生。

このメチルカプタンに対しゲラニオールは消臭効果があると研究論文でも発表されています。

「メチルメルカプタンに優れた消臭効果を示したバラ科の植物抽出物は緑茶カテキン類よりも優れた消臭効果を示した.」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nogeikagaku1924/66/10/66_10_1475/_article/-char/ja/

ローズサプリ効果男性の加齢臭や体臭にも抗酸化作用で発揮

ローズサプリは、女性じゃなくても男性に対しても効果を発揮してくれます。

ローズオイルには、体臭や口臭をバラの香りにしてくれるゲラニオールが配合されていますが、抗酸化作用も高く、皮脂の酸化によって出る体臭の予防にも効果を発揮します。

ローズオイルの抗菌性に関しての論文「ローズエッセンシャルオイル、ヒドロゾルおよび絶対のトコフェロール、カロチン、フェノール含有量および抗菌性。」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19688375

高いストレスを受けることによって身体ではコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌されます。このコルチゾールが分泌すると体臭の原因「STチオジメタン」が皮膚ガスから発生するのが資生堂の研究によって判明されています。

「採取したニオイの成分を特殊な分析機器でしらべた結果、ジメチルトリスルフィド(DMTS:dimethyl trisulfide)とアリルメルカプタン(AM:allyl mercaptan)という2つが「ストレス臭」の主要成分であることを見出しました。資生堂はこれらを「STチオジメタン」と命名。多くの人が面接や会議室など、ストレスのかかる状況下で経験したことのある、汗のニオイとは異なる”あのニオイ”の正体が初めて明らかにされたのです!」

https://www.shiseido.co.jp/ag/stresssmell/

ローズオイルには強いリラックス成分が含まれており、ストレスによる体臭予防にも効果を発揮、特に40代から臭う加齢臭対策にも万全といっていいでしょう。

ローズオイルに含まれる強力な抗酸化作用によって体臭を抑える働き、ゲラニオールによる皮膚呼吸、吸気によってバラの香りがする 抗酸化作用は中年男性の加齢臭を抑制する働きがあるのでおすすめ。

ローズオイル以外にも抗酸化作用の高い成分も含まれており相乗効果を発揮してくれるのです。

ローズサプリ効果は汗臭予防に発揮

汗自体本来ニオイはありません。しかし普段から汗をかいていない人は汗腺の機能が低下しているため2つの原因によって汗臭をきつくしています。

  1. 汗腺機能の低下によって汗からミネラルが出る
  2. 汗腺が詰まっており酸化した皮脂皮脂も分泌される

ミネラルや皮脂が常在菌の餌となりスエたような、生乾きの雑巾のような不快なニオイを発するのです。

https://www.kao.co.jp/8×4/lab/article03/

臭い汗の特徴として、ネバネバする、苦じょっぱい。

一般的な制汗対策として、制汗スプレーや、制汗シートによって汗を拭き取ったり、汗を収れん作用によって汗腺を引き締めることによってニオイを予防することが一般的でしょう。

ローズドレスなどのローズサプリの効果は

  1. 汗腺から分泌される汗にまざりバラの香りが放出される
  2. ローズオイルによる強力な抗酸化作用によって皮脂の酸化を予防できる

という効果が期待できます。

特に夕方頃にベタついた自分でも感じる不快なニオイが感じられない、襟元のツンとしたニオイが減ったという効果が期待できます。

ローズサプリ効果ワキガのニオイを抗酸化作用によって抑制できる

ワキガの原因は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と2つある汗腺のうちアポクリン汗腺から分泌される汗と常在菌の繁殖によって起こる特有のニオイになります。

ワキガは遺伝しやすく、両親のどちらかがワキガ体質の場合子供にもワキガの因子を受けつぐことが多くあります。

特徴としては耳垢が湿っている、肌着が黄ばむ、ワキ毛が多い、脇汗が多い、どれがが該当しているとワキガの可能性があるでしょう。

一般的なワキガのニオイ解消方法やクリアネオやデオナチュレなどの制汗剤の使用、脇毛を剃る、脇汗シートで豆に拭くなどが一般的です。

ローズサプリのワキガ効果に関しては、ローズオイルに配合されている高い抗ストレス作用による活性酸素の発生を抑える働き、トコトリエノール、亜麻仁油、ブドウ種子油の高い抗酸化物質によっても活性酸素の働きを抑制させワキガのニオイを抑制することができます。

ローズサプリ効果加齢臭の原因ヘキサデセン酸の発生を抑制

加齢臭の原因となる成分ノネナールは40歳前後から増え始める物質で、主に耳裏、首周り、背中、脇の下など全身から分泌されます。1年を通じて分泌され、皮脂から発生するため水に溶けにくい性質で、お風呂やシャワーだけだと落ちにくくなっています。

ノネナールの発生の原因は皮脂の成分であるヘキサデセン酸、これた皮膚常在菌の餌となり分解され、ノネナールが発生します。

ノネナールの原因であるヘキサデセン酸を減らすための栄養素はビタミンE、通称抗酸化物質。

ローズサプリに含まれるローズオイルやトコトリエノール、亜麻仁油、ブドウ種子油の抗酸化作用によってヘキサデセン酸の発生を抑えることができるのです。

ローズサプリ効果皮脂の酸化による頭皮臭の改善

頭皮が臭くなる原因は2つあり、一つは汗と皮脂が混ざり時間が経過した酸化したニオイ、もう一つは地肌の皮脂を栄養にしている常在菌(マラセチア菌)が排出した脂肪酸のニオイです。

一般的には定期的な入浴とシャンプーによって皮脂を洗い流すことによって頭皮のニオイを抑えることができます。

しかし人によっては、頭部多汗症によって頭皮の汗が人より多く分泌しやすい症状になる場合もあるのです。

頭部多汗症の原因は未だにはっきりとした原因は判明していません。

しかし、「交感神経」が頭部多汗症の原因の一つであり影響があるとされています。

通常であれば交感神経と副交感神経はバランス良く作用しており、日中は交感神経が有意に働き、日が暮れる頃には副交感神経が有意に働きます。

  • 生活習慣の乱れ
  • 過剰なストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

などによって自律神経が乱れ、交感神経が常に優位に働いてしまい、常に緊張状態になってしまう事も少なくありません。

クリスタルローズの主成分ローズオイルは、そんな交感神経の高ぶりを沈静化させリラックスしてくれる作用が働きます。

禁忌として運動前の使用はしていけない(気持ちが落ち着きすぎる)という理由ほど。

http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents.php?i=69

頭皮のニオイ自体の抗酸化作用も含まれているので効果は期待できるでしょう。

ローズサプリ効果リラックス作用は睡眠・ダイエット・便秘改善・免疫力促進

バラの香りや成分はは昔からアロマや薬効でも使用されており、ローズウォーターが下痢や吐血に効果、抗菌作用や皮膚の調子を整える作用、鎮静効果、ホルモンバランスを整える作用、心への効能、身体への効能など様々。

アーユルベーダやエステ、アロマセラピーのオイル、ローズティー、薔薇の花びらを湯船に浮かべ古来のクレオパトラのように高貴な気分で入浴など美と健康に密接につながっています。

そんな薔薇は癒やしとリラックス効果をもたらしてくれる神聖な花といってよいでしょう。

歴史的にも花の女王とも言われて、神話にも数多く登場、聖母マリアはバラに囲まれて登場したと言われる。古来から愛されている花ともいわれています。

ローズサプリのローズオイルにはリラックス作用は睡眠・ダイエット・便秘改善・免疫力促進の効果があります。

ローズサプリ効果睡眠の質を高め寝付きを良くする

国民の20%が悩んでいる不眠症、ストレスの多い現代社会では寝付けない、寝ても途中で起きてしまう、寝ているはずなのに寝た気がしないなど、なんらかの睡眠に問題を抱えている人が増えています。

不眠の原因は様々あり大きく分けて5つ

 

表2 不眠の原因―5つのP

身体的疾患に伴うもの(Physical)
中枢神経疾患、循環器疾患、呼吸器疾患など
生理学的不眠(Physiologic)
時差ボケ、交代勤務、短期間の入院など
心理学的不眠(Psychologic)
精神的ストレス、喪失体験、恐怖体験など
精神疾患に伴うもの(Psychiatric)
うつ病、統合失調症など
薬理学的不眠(Pharmacologic)
アルコール、向精神薬、降圧薬、インターフェロンなど

https://www.min-iren.gr.jp/?p=6459

現代社会では心理学的不眠による影響が強い傾向にあります。将来の不安、SNSによる対人関係の変化、仕事のストレスなど昔比べて生きにくくなったと実感される人も多いのではないでしょうか。

そんなストレスに効果があるバラの成分であるゼラニウム、やゲラニオール不安定になっている心のバランスを取り戻せます。抗うつ効果もあり鎮静作用。

ローズオットーには、幸福感を与えながら心を鎮める効果があります。張り詰めた気持ちを解きほぐし心地よい睡眠へといざなってくれます。

ローズサプリ効果副交感神経へと導き便秘解消へ

旅行や出張、慣れない土地に行った時、高いストレスを感じている時など便通に異常をきたした経験はありませんか?

自律神経と腸は密接につながっており「腸は第二の脳」とも言われるほど大切なものなのです。

なんらかの刺激によって交感神経が常に優位に働くようになると便通が悪くなります。

しっかりと水分も食物繊維も摂取し、ウォーキングやジョギングもしているのに便通が悪いという人は自律神経のバランスが悪い可能性があります。

薔薇の香りにはリラックス効果が高まり、副交感神経が亢進し、脳前頭葉活動が沈静化する効果が農林水産省の実験によって判明しています。

http://www.maff.go.jp/j/seisan/kaki/flower/f_kouyou/pdf/24_leaflet1.pdf

ローズサプリを飲むことによって常に薔薇の香りで身体を満たし、リラックス効果で自律神経を安定化させることができるでしょう。

ローズサプリ効果ストレス太りによるダイエット食欲が減る

ストレスが高いほど太りやすいのをご存知でしょうか?失恋によって寂しさを埋めるためにやけ食いして太った、社会人になって活動量は増えているのに太ったという経験があると思います。

ストレスと太る関係は密接につながっており、ストレスを感じるとより太りやすいジャンクフードに張りやすい傾向があると研究の結果発表されています。https://www.dailymail.co.uk/health/article-2690965/How-stress-make-woman-pile-pounds-It-slows-metabolism-add-stone-just-year.html

またストレスを感じるとコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌され、この栄養によってニセの空腹感を感じやすくなります。

コルチゾールの働きは、肝臓での糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進、抗炎症および免疫抑制。

ストレスによって発生した活性酸素を抑えるために分泌されるのが役割といってよいでしょう。

ローズサプリであるローズオイルは、アロマによるストレス軽減作用、活性酸素の発生の抑制など、太る因子を間接的に改善してくれます。

食欲がなくなるのではなく、必要以上に食べ過ぎることがなくなる=結果として痩せやすいということです。

ローズサプリ効果免疫機能促進による病気予防

免疫力の低下は加齢や妊娠、激しい運動、ストレス、睡眠不足、生活習慣、栄養不足によって引き起こされます。

特に強いストレスによって免疫力が低下しやすいのは、現代社会において目を背けることができない問題ではないでしょうか。

ストレス強度と免疫力の関係

https://www.otsuka.co.jp/b240/reason/reason2.html

免疫力をアップさせる方法の一つにアロマがあります。アロマによってストレスを緩和したり、疲れをしっかり取り除く効果があります。

アロマテラピーは、人生の新たな局面のための生理学的、精神的、そして心理的な高揚を調節します。この治療法は予防的なだけでなく、病気の急性期や慢性期にも使用できます。製薬産業は、病原体および代謝に関連する疾患のための環境にやさしい代替医療および自然医療を試みています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2221169115001033

こちらの論文にも薔薇以外の植物油によって得られるアロマの効果を検証した結果としてこのように報告されています。

直接の免疫力アップではありませんが、自律神経を和らげ、しっかりとリラックスでき質の高い睡眠を得ることによって免疫力を向上させることができるのです。

ローズサプリ効果解毒作用肝機能の向上

薔薇の歴史は古く、今から2500年前にさかのぼります。ローマ人は薔薇を二日酔いの薬として利用していた話もあります。

薔薇の肝機能向上の研究結果も挙げられており

肝臓の健康を維持する
ローズエッセンシャルオイルは肝臓の健康に良いです。それはそれを強く保ち、正しく機能させ、そして感染から保護します。[12]また、胆汁、酸、潰瘍の過剰な流れなどの問題も治療します。

https://www.organicfacts.net/health-benefits/essential-oils/health-benefits-of-rose-essential-oil.html

このように明記されています。

特にお酒を飲む機会が多い人は肝臓の機能の低下は気になることでしょう。年末年始の飲み会が重なりアルコールによる肝臓の疲れと口臭にも悩まされる季節。

そんな時こそローズサプリであるクリスタルローズを使用することによって、香りは薔薇に、薔薇の効果によって肝臓の働きを助け、年末年始を乗り切ることもできるでしょう。

ローズサプリ効果使用者男女問わずおすすめ

クリスタルローズなどのローズサプリは若い女性向けと思われますがが、実は男性、女性問わず利用をおすすめするサプリメントです。

高齢者特に更年期障害によるホルモンバランスの乱れやホットフラッシュによる汗臭の改善にも効果があり、男性に関しては40代をすぎる頃から悩まされる加齢臭対策としても利用にも適しています。

薔薇には精神鎮静作用もあるため現代社会の不安による過度なストレス対策などにもアロマとしての効果もあり、カップルで、家族揃って使用されても良いでしょう。

ニオイ改善以外にも薔薇の成分効果によって男性は精力改善、女性は更年期症状といった長期的な悩みにも改善効果が期待できます。

ローズサプリ効果男性精子の減少を減らす


男性も年齢を重ねてくると、「精力が無くなった」と感じることが増えるのではないでしょうか。

昔は、ブイブイいわしていたのに、最近じゃ全く、去勢されたペットみたいだと自分の萎え具合に自信喪失される人も少なくありません。

そんな精力の減少の原因は、精巣で作られるテストステロンの減少にあります。

ラット実験によってホルムアルデヒドアロマ(10ppm / L、1日35時間)にばく露されたラットでは、その後バラアロマを吸入したグループ(1mL、1時間)では、見られたテストステロンの減少の55%をローズが維持できたという実験があります。

https://examine.com/supplements/rose-essential-oil/

テストステロンとは男性ホルモンのなかで作用が最も強く、生体内で働く真の男性ホルモンと考えられている。精巣で作られ筋肉を増大させる、男らしさなどに作用します。

女性向けと思われるクリスタルローズはストレスによるテストステロンの減少を予防する働きがあるのです。

また、中年男性の悩みである加齢臭にも効果を発揮します。

ローズサプリ効果女性美肌やむくみ改善

女性の口臭や体臭にクリスタルローズは効果がありますが、ローズオイルには他にも女性にとって嬉しい効果が期待できます。

美肌効果、むくみ改善効果

18~22歳の女子大学生 28名による精油による肌の変化の臨床試験によってローズオイルを使用した10名の肌の潤いがアップしたという結果が挙げられています。

https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol26.php

こちらの実験では、直接精油を肌に触れる方法でしたが、常にサプリメントで体内から薔薇の香りを放ち続ければ肌も透き通るような柔らかい憧れの肌質に近づくことでしょう。

むくみ改善効果は2013年、資生堂の実験によってバラの香り成分がリンパ管を強化して、肌を浄化する生理効果を持つことを発見されています。

薔薇の成分であるシトロネリルアセテートを塗った結果皮膚内部でリンパ管を元気にする物質「VEGFC」の量が増えたという実験結果があります。

https://www.shiseidogroup.jp/releimg/2455-j.pdf

老廃物の排出が活発になると顔や足のむくみも改善され、水太りの症状減り朝のむくみ顔、夕方ころの足がパンパンになるという悩みも改善されることでしょう。

ローズサプリ効果高齢者更年期症状を和らげる

ローズサプリは更年期症状の緩和にも効果があります。

更年期障害とは50歳前後の年齢で閉経を迎えこの閉経を挟んだ前後10年を更年期といいます。

年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が低下するため、身体や精神に様々な不調が表れます。

急な発汗のホットフラッシュ、言われもない不安感、メニエール病、イライラ、倦怠感など、人によって辛く感じる症状も様々。

特に自律神経の高ぶりが酷くなり、不眠や不安感、イライラなどを訴える人がすくなくありません。

ローズオイルの効果にはそんな更年期における精神的なうつ病の改善に効果があります。

対照群の被験者よりも更年期症状の大幅な減少を示しました。より具体的には、アロマテラピーマッサージは更年期女性のほてり、うつ病および痛みを改善しました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2529395/

ローズオイルには子宮機能を強化する働きがあるともされています。

薔薇自体には精神安定や、癒やしの働きをもたらします。ドライマウスによる口臭の原因にもローズサプリであるクリスタルローズは良い方向へと働いてくれるでしょう。

ローズサプリ効果各成分による働き

クリスタルローズの成分は以下のようになっています。

ブドウ種子油、ゼラチン、アマニ油(α-リノレン酸含有)、ブルガリアンローズオイル/グリセリン、ローズ香料、トコトリエノール。

それぞれどのような働きをしているか、どのような効果を一般的にもたらしてくれているのか紹介します。

一番重要な成分はローズサプリであるブルガリアンローズオイル。

この主成分の香りをさらに引き立たせるためにブドウ種子油、アマニ油、トコトリエノールといった抗酸化作用の高い成分が配合されています。

これを固める、保存するためにゼラチンやグリセリンを使用し、コーティングしているカプセルにローズ香料を使用しているのが仕様といってよいでしょう。

ブルガリアンローズオイル効果女性の悩みに多くアプローチ

ブルガリアンローズオイルは、薔薇の生産量トップを誇るブルガリア産ダマスクローズを使用し、水蒸気による蒸留抽出(オットー)で生産されています。

体臭や口臭を薔薇の香りにする効果のゲラニオールが多くデオドラント(フレグランス)にも利用されています。

ブルガリアンローズの効果は様々な臨床結果によっていくつかの論文が日本以外にも海外でも発表されており、まとめると

  • 抗うつ作用
  • 鎮痛効果
  • 抗不安
  • 美肌
  • 怒りを鎮める
  • 疼痛
  • 寿命と長寿命
  • 心血管の健康
  • 抗炎症
  • 免疫機能向上
  • 抗ストレス
  • 睾丸機能の保護

https://examine.com/supplements/rose-essential-oil/

古来から薔薇は薬や美容など様々な用途で使用されている歴史が長い植物エッセンスなのです。女性の病気に効くことから女性=薔薇=女王と呼ばれるようにもなっているのもうなずけるのではないでしょうか。

トコトリエノール効果強力なビタミンEによる強力な抗酸化作用

トコトリエノールはビタミンEの一種です。

ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの二種類に大きく分けられ、トコトリエノールはトコフェロールの約50倍近くの強い抗酸化力をもつといわれ、スーパービタミンEとも呼ばれます。

https://www.orthomolecular.jp/nutrition/tocotrienol/

  • 心血管の健康
  • 抗癌作用
  • アルツハイマーの予防
  • 免疫調節
  • 骨粗鬆症の予防
  • 髪と肌の健康
  • 神経保護と認知機能改善
  • 肌の保護
  • 胃腸系へのフリーラジカルによるダメージを防ぐ
  • メタボリックシンドロームの予防
  • などの健康効果があると臨床試験により明記されています。

トコトリエノールはライ麦(92mg/kg)、えん麦(210mg/kg)、米ぬか(465mg/kg)、大麦(910mg/kg)が一般的で、特に多く含まれる食品はパーム油(940mg/kg)と豊富。

2015年版食事摂取基準では、1日当たりのビタミンEの摂取の目安を18歳以上の男性で6.5㎎、18歳以上の女性で6.㎎と推奨されています。

フラックスシードオイル(亜麻仁油)効果血液サラサラ

トルコの東域一帯のコーカサス地方から中東一帯が原産地とされます。種子は黄褐色の楕円形で扁平、長さは5mm前後で油分は約40%

普段の食生活ではなかなか摂取しにくいオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)であるα-リノレン酸が多く含まれており主な効果は血液をサラサラにしてくれる作用があるとされています。

  • 便秘解消
  • 高血圧
  • ダイエット効果
  • 糖尿病予防
  • 更年期症状の軽減
  • 抗癌作用
  • 心臓の健康を保つ
  • 肌の健康を保つ
  • 炎症の軽減
  • カルシム、マグネシウムなどのミネラルの摂取

注意点として、妊娠中、小さなお子さん、母乳育児中、出血性疾患のある人、手術前後、血液凝固薬を服用している人は禁忌とされているので注意しましょう。

グレープシードオイル効果高い抗酸化作用

グレープシードオイルとは、ワインを製造する過程で取れたブドウの種から圧搾して絞り出した植物オイルです。

本来は捨てるはずのものが健康効果を生み出したとして良い副産物のようです。

グレープシードオイルの成分はビタミンEのとポリフェノールを多く含みオリーブオイルの2倍となっており、抗酸化力が高いのがウリといってよいでしょう。

  • グレープシードオイルの健康効果は
  • 血圧を下げることができる
  • 血流の改善
  • 酸化的損傷を減らすことができる
  • コラーゲンと骨強度を向上させる
  • アルツハイマーの予防
  • 腎機能の改善
  • 感染性の成長を阻害
  • ガンリスクの軽減
  • 肝臓の保護
  • 創傷治癒と外観を向上

注意点として、妊娠中、小さなお子さん、母乳育児中、出血性疾患のある人、手術前後、血液凝固薬を服用している人は禁忌とされているので注意しましょう。

フラックスシードオイル同様血液サラサラ系効果がある成分ですのでこちらは注意しましょう。

ゼラチン効果製品を固める目的に使用

クリスタルローズでのゼラチンの役割は、ローズオイルやその他成分を固めるために用いられています。

一般的な液体が入った製品に関してはゼラチンを使用。

ゼラチンは動物の骨、軟骨、皮を沸騰させてコラーゲンを抽出することによって作られています。

料理の魚の煮付けを冷蔵した後プルプルになっているのもゼラチンの作用です。グミ菓子やマシュマロ、薬物カプセルのコーティングなど幅広く用いられているのも特徴でしょう。

そんなゼラチンですが、胃や腸で分解されなかったコラーゲンの破片が身体に吸収されると、身体の傷は肌のダメージの修復に役立てるという効果があると最新の研究でわかってきました。

  • 肌の健康を改善する
  • タンパク質を提供する
  • 消化機能を助ける
  • 関節の痛みを和らげる
  • 血糖値のコントロールを助ける
  • 健康な骨の維持
  • 睡眠の質を改善する
  • ダイエットサポート

などの健康効果があります。

ゼラチンは安価で手軽に購入できクセも無い食品添加物です。スープやシチューなどにも簡単に追加できる身近な栄養素といってよいでしょう。

グリセリン効果カプセルに使用

グリセリンはクリスタルローズのサプリのカプセルに使用されています。

副作用は少なく、便秘改善やハンドクリームや化粧品に使用される比較手短な成分といってよいでしょう。

グリセリンにも大きく分けて2種類あり

合成グリセリン…石油を原料としている
天然グリセリン…ヤシやパーム油動物性脂肪から作られている

グリセリンは大豆油やココナッツ油、パーム油、動物の脂肪に含まれるトリヒドロキシ糖アルコールです。

  • 軽度の皮膚刺激性
  • 過剰な頭蓋内圧
  • 便秘
  • 脱水症
  • 眼圧

などの改善に用いられています。

  • 肌の保湿効果
  • 肌荒れの改善
  • 肌のターンオーバーを促す
  • 小じわを目立たなくさせる

似たような性質を持つワセリンとグリセリンにも違いがあります。

ワセリン…石油生成肌を守る

グリセリン…植物油肌に浸透する

関連記事:ローズサプリの飲み方効果のあるタイミング

ローズサプリ効果ない口内環境・体内環境・慣れが原因

ローズサプリを飲み続けても効果が無い1ヶ月以上継続しても全く口臭や体臭が薔薇の香り包まれない、やっぱりローズサプリは駄目な製品なんだ。

と疑ってしまいますが、ローズサプリはダマスクローズ101ml配合のローズサプリの中でもトップクラスで配合されているサプリです。

それでも効果が無い場合は、口内環境が悪い、体内環境が悪い、薔薇の香りは実はしていて自分の体臭に慣れてしまっているこの3つがあげられます。

科学的なエビデンスでもローズサプリを飲めば、ゲラニオールの成分によって吸気や身体から発する皮膚ガスから薔薇の香りはします。

基本的に飲んだら30分ほどして効果を発揮しますから、もし効果が無いようであればこちらの今から紹介する対策方法を実践して下さい。

ローズサプリ効果ない口内環境が悪い

ローズサプリを飲んでも口臭がキツイと感じるのであれば、それは口内環境が悪い可能性が高いです。以下のチェックポイントで該当しているかどうか確認して下さい。

  • 毎日歯は必ず磨いている
  • 歯と歯の間の歯間ケア(フロス、歯間ブラシ、ウォーターピック)を行っている
  • 舌が汚れていないか(舌苔がついているか)
  • 虫歯はあるか
  • 歯石除去はしているか
  • 歯周病治療しているか
  • 3ヶ月以内に歯医者に行った
  • 一部義歯か
  • ドライマウスか

口臭がドブ臭い、うんこ臭い場合は口内に食べかすが繁殖しており薔薇の香りでもカバーできない歯垢が溜まっている可能性が高いです。

特に歯と歯の間の歯間ケアをされていない人が多く、これが原因でローズサプリを飲んでも口臭が改善されないという方が本当に多いのです。

口内の菌繁殖が落ち着けば自然と呼吸が薔薇の香りとなってくれます。

ローズサプリ効果ない体内環境が悪い

口内環境がクリアしているということを前提にいうと、ローズサプリが効果が無い原因は

  • 便秘
  • アルコール
  • ニンニクやニラ、ネギなどの臭い成分アリシンの摂取
  • 内臓疾患(糖尿病、肝臓病、腎臓病)

内臓疾患にかんするニオイの例はこちらに掲載されています。

病気による体臭の変化
病名 体臭の特徴
糖尿病 甘いにおい、甘酸っぱいにおい
胃の障害 酸っぱいにおい、卵の腐ったにおい
腎機能の障害 アンモニアのにおい
肝機能の障害 ネズミ臭、ドブのようなにおい
痛風 古いビールのにおい
ひどい便秘 便のにおい
慢性副鼻腔炎(ちくのう症) 腐ったにおい
メープルシロップ尿症 メープルシロップの甘いにおい
トリメチルアミン尿症(魚臭症候群) 魚が腐ったにおい
フェニルケトン尿症 カビのにおい
歯周病 腐ったにおい
ペスト 青りんごの腐ったにおい

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO90756210Q5A820C1000000/

自分の体臭がこのような場合は、一度血液検査や最寄りの病院に一度診察に行かれることをおすすめします。

これ以外でもローズサプリが効果が無いという場合の多くの原因便秘です。

便秘によって腸内に溜まったガスが血液に吸収され、体臭や口臭として発するようになります。

いくら香りが良いローズオイルを摂取したとしても大量に詰まった便のガスをどうにかすることはビル火災にバケツの水で消化するくらい無謀な事といってよいでしょう。

まずは便を毎日出す努力をしてみましょう。

  • 食物繊維を多く食べる
  • エクストラヴァージンオリーブオイルを大さじ一杯摂取する
  • 青汁を飲む
  • ヨーグルトを毎日食べる
  • 納豆を食べる
  • おやつは果物
  • マグネシウム製剤を飲む
  • 内科で相談する

など、便を出せば腸内から悪臭の原因がなくなり、薔薇の香りを感じやすくなるでしょう。

関連記事:ローズサプリの副作用

ローズサプリ効果ない汗をかく習慣が少ない

事務仕事の人や、在宅ワークなど1年中普段から汗をかかない人はローズサプリの効果が感じられないかもしれません。

同じような室内環境で1年中すごしていると、汗をかいて体温調整する汗腺の機能が低下してしまい汗をかいたときに分泌される汗の質が非常に悪くなります。

普段から汗をかかないと汗腺に溜まった酸化した老廃物も分泌されニオイが臭くなります。また汗からは余計なミネラルを出すため皮膚常在菌の餌となり汗臭として臭うこともあるでしょう。

普段から汗をかかない人の場合

  • 毎日湯船に使って汗をかくようにする
  • 岩盤浴やサウナに行き詰まっている皮脂を出し切る
  • 軽い有酸素運動で汗を流すようにする

というような汗腺トレーニングを行うようにしましょう。はじめこそドロドロでネバネバした臭い汗を感じますが、次第にサラサラで無臭の汗に変わってきます。

ローズサプリ効果ない自分の体臭や口臭は気づきにくい

一つの可能性として、クリスタルローズで実際薔薇の吐息や身体から香りを発しているけど自分では気づけていないという可能性もあります。

自分の匂いは「順応」と呼ばれる脳の慣れによって気づきにくく、例えば新しくシャンプーを変えたら香りはよくわかるけど3日と使うと匂いがしないのもそのためです。

香りがする柔軟剤もいろいろ変えてみるけど使っているとニオイが感じられなくなるのもこれが理由です。

もし自分の口臭や体臭が薔薇の香りになっているのか調べるのであれば、1日着た下着を新品のビニール袋に入れて密封しておく、自分は風呂に入り入念に洗う。お風呂後にビニールの中の匂いを嗅いでみる。

ということを行ってみてください。お風呂に入ることによって自分の体臭をリセットさせる働きがあるからです。

少しでも薔薇の香りがしていれば、それは周囲には薔薇の香りを放っているという証拠になります。